医薬品、医薬部外品、化粧品、健康食品、殺そ剤の製造・販売

大木製薬株式会社

古きをたずねて新しきを知る
 

製品案内:医薬品

ネオレバルミン錠

特徴

肝臓は強い再生能力と代謝能力をもつ人体最大の臓器であり、生体中のビタミン、ホルモン、アミノ酸などの濃度を制御し(代謝機能)、胆汁酸や胆汁色素を胆汁として排泄し、腸管からの栄養物の吸収を助け(排泄機能)、有害物質を無毒化するなど数多くの機能を持っています。そのうえ、再生能力が強いため、少しくらい悪くなってもなかなか自覚症状が現れません。したがって、常に自分の肝臓に気をくばる必要があります。
ネオレバルミン錠は、生薬の川柳末を主体に、6種の成分を配合した肝臓疾患薬です。

効能・効果

肝臓疾患

ネオレバルミン錠
添付文書をご覧になる方は、こちらからお願いします。・PDF形式、容量93KB
get adobe PDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

用法・用量

大人は1回4錠、1日3回食間に服用してください。
(水又はお湯と一緒に服用してください)

成分・分量

【12錠(3,700mg、1日量)中】

川柳末

2,800mg

グルクロノラクトン

300mg

乾燥酵母

300mg

パントテン酸カルシウム

100mg

アミノエチルスルホン酸

50mg

ルチン

50mg

包装

240錠

copyright (C) 2008 OHKI PHARMACEUTICAL co.,Ltd. All Rights Reserved.